昨季ACL王者の鹿島アントラーズは、ホームでオーストラリアのニューカッスルを下して本大会出場を決めた。

新加入のFW伊藤が今季初戦にして先発デビュー。前半18分、MF永木の左CKからMFレオ・シルバがシュートを放つと、ゴール前のFWセルジーニョがヒールでコースを変えてシュート。右ポストに当たって跳ね返ったところに、走り込んでいたFW伊藤がスライディングし、体ごとゴールに押し込んだ。

その後同点を許すも、同32分にはDF安西の右クロスに逆サイドのDF山本が頭で合わせて2-1。両サイドバックの積極的な攻撃参加で突き放した。後半にはレオ・シルバがエリア内で倒されてPKを獲得し、これをセルジーニョが冷静に流し込んで3点目を奪った。同アディショナルタイムには、途中出場のFW山口が中央付近でボールを奪うと左サイドを快走し、中央のセルジーニョへクロス。セルジーニョのこの日2点目を演出した。