川崎フロンターレMF脇坂泰斗(28)が3年連続3度目のベストイレブンに選出された。

今季30試合に出場し、キャリアハイの9得点を記録。チームが中位に沈む中、圧倒的なパフォーマンスを披露した。川崎Fから1人だけの受賞に「リーグ戦の結果は8位と目指していたものに届かなかったので悔しい」としつつ「この賞はチームメートや対戦した選手に評価してもらったものなので大変うれしく思います」と喜んだ。

9日には天皇杯決勝の柏レイソル戦が控える。「終盤戦にかけてフロンターレは少しずつ良くなっている。それを今週末しっかり出して、優勝したいと思います」と意気込んだ。

MVPに神戸FW大迫勇也! ベストイレブンに神戸から最多タイ4人/Jアウォーズまとめ