元バルセロナ監督のルイスエンリケ氏(48)が次期スペイン代表の候補に挙がっていると、9日に英紙ミラー電子版が報じた。スペインはW杯敗退でイエロ監督が退任していた。

 キケ・サンチェス・フローレス氏、ミチェル氏、ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督、ビクトル・サンチェス・デル・アモ氏の名前が候補として挙がっていた。スペインでの報道によると、ルイスエンリケ氏の名前がスペインサッカー協会のルビアレス会長から挙がったという。20年欧州選手権までの2年契約が予想される。