【パンプローナ(スペイン)高橋智行通信員】日本代表MF久保建英(22)が所属するレアル・ソシエダードは敵地でオサスナと1-1で引き分け、リーグ3連勝はならなかった。

今季5回目のフル出場となった久保は、4-3-3の右ウイングでプレーした。前半は相手が5バックの守備的な布陣で臨み、DFモヒカの徹底的なマークを受けたことで、ボールをあまり受けられなかった。

だが後半に入り存在感を発揮し、決定機をいくつか演出した。しかし得意のドリブルはファウル混じりのプレーで度々止められ、クロスは味方にうまく合わなかった。また何本か放ったシュートも決めきれず、公式戦11試合連続無得点となった。

久保のプレーダイジェストは次の通り。

<前半>

34分:エリア右サイドからのシュート、枠外

<後半>

6分:右サイドでドリブル仕掛けファール誘発

13分:中盤でボール受けた際にフウールを受けカテナのイエローカード誘発

16分:エリア手前からシュート、GKファインセーブ

20分:今季初のイエローカード

20分:ドリブルを仕掛け、2人を抜こうとした際にファール誘発

21分:スルーパス狙うもカットされる

27分:久保のパスからザハリャンがシュートを打つが、DFブロック

35分:ペナルティーエリア内でパスを受けてドリブル仕掛けるもカットされる

36分:ペナルティーエリア手前でドリブル仕掛けるも、カットされカウンター受ける

50分:久保がファウル誘発