21年東京五輪6位入賞の大迫傑(32=ナイキ)が、今夏のパリ五輪男子マラソン代表に内定した。22年世界選手権代表の西山雄介(トヨタ自動車)が日本人トップの2時間6分31秒で9位と健闘したが、設定記録(2時間5分50秒)に41秒届かず。昨年10月のMGC3位だった大迫が男子3枠目に入り、マラソンでは2大会連続の代表となった。

   ◇   ◇   ◇

男子はキプルトが2時間2分16秒の大会記録で優勝した。世界記録(2時間0分35秒)を上回る前半の超ハイペースに、同じケニア人で五輪2連覇中のキプチョゲが20キロ手前で先頭集団から脱落する中、2時間4分2秒の自己記録を大幅に更新。「強い決意で走ったのが勝因。代表は決まっていないがパリ五輪の準備は万全」。2時間6分50秒で10位に終わったキプチョゲは「体がついてこなかった。(五輪は)練習を再開してから考えたい」と話すにとどめた。

【東京マラソンライブ速報】はこちら>>