フィギュアスケートの世界国別対抗戦は13日、女子フリーが行われる。会場のマリンメッセ福岡では最後の公式練習が行われ、紀平梨花(16=関大KFSC)と坂本花織(19=シスメックス)が最終調整した。

紀平はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を9本着氷。ラスト演技となる「ビューティフル・ストーム」の曲をかけての通しでは、1本目で3回転半-2回転トーループを着氷させ、2本目は転倒した。

坂本はフリー「ピアノ・レッスン」の曲をかけての通しで、フリップ-トーループの連続3回転などジャンプ全てをミス無くこなした。終盤の見せ場となるコレオシークエンスなどでも観衆を魅了した。

女子フリーは13日午後4時50分にスタートし、10番滑走の坂本が同6時16分、最終12番の紀平が同6時32分からの演技を予定している。