元TBS川田亜子アナ自殺、車内に遺書 川田亜子さんが練炭自殺を図った車が駐車してあった東京都港区内の現場

 元TBSでフリーアナウンサーの川田亜子さん(29)が26日、東京港区の路上に駐車した車内で死亡しているのが見つかった。警視庁三田署では、家族あてとみられる遺書が車内にあったことなどから練炭で自殺を図ったとみている。最近は仕事の悩みを抱え通院していたという。また、恋の悩みを抱えていたとの情報もある。今月12日付のブログでは「私は悪魔になってしまいました」と記入。心身の不安定な様子について、ファンや関係者を心配させていた直後の悲劇だった。

 今月に入り、ブログなどで心身の不調を訴えていた人気アナウンサーが突然、自ら命を絶った。

 調べなどによると、26日午前6時15分ごろ、「車内で人が倒れている」と110番通報があった。三田署員が駆けつけたところ、グレーのフード付きパーカにスカートという普段着姿の川田アナが、所属事務所名義で普段使用している白いベンツの運転席で助手席側に倒れ込んでいた。車内には2つの練炭が置かれ、上部には燃えかすがあったことから、死因は一酸化炭素中毒とみられる。窓には目張りがしてあった。

 助手席には家族あてとみられる白い封筒に入った遺書と、「××さんへ」とあて名があり「本をありがとうございます」「心の底に置いておきます」などと書かれたメモ書きがあった。遺書には家族への感謝の言葉が書き連ねてあったという。目撃情報によると、25日午後8時には現場に車が止まっていた。

 川田アナの遺体は三田署に安置されていたが、この日夜、遺族によって引き取られた。葬儀日程などは公表されていない。

 川田アナがブログの中で心身の不調を訴え、周囲が特に気にかけるようになったのは今月に入ってから。12日付のブログでは「母の日に私は悪魔になってしまいました」「生んでくれた母に、生きている意味を聞いてしまいました」「母の涙が私の涙がとまりません。母の涙が耳の奥で響いているのです」などとつづった。そのほかにも「先週から口がうまく回らなく、どうしたものかと悩んでおりました」。「いつもの私がまだ見つけられません」などと記していた。

 ネット上などで心配するファンの声が殺到して削除。14日付では「すみません」のタイトルで謝罪した。16日付で「体調が悪く、元気がない」と記しているように、このころ、複数の仕事関係者が川田アナの不調を目にしている。最後の仕事となった24日のトークショーの司会でも、うつむき加減の話し方や、抑揚のない声に対して心配する声が上がっていた。

 もともと、川田アナは仕事に真摯(しんし)に向き合い、完ぺきさを求める頑張り屋で知られた。TBSに入り2年目には、無理がたたって急性胃腸炎で倒れたこともあったほどだ。所属事務所では「体調が悪い様子ではありましたが、心配しつつも仕事はしっかりとしていたので安心していました。今回の件につながる理由が皆目見当もつきません」とコメント。だが、練炭を使った自殺は、周到に準備を重ねてきたことが伺える。心身の回復を求めて通院を重ねており、関係者からは、恋の悩みを抱えていたとの話も出ている。「アナウンサーとしての使命に燃えている」と話していた川田アナを一体、何が追い詰めたのだろうか。