日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの芸能ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 芸能
  3. ニュース

ふくい舞沖縄から北海道まで桜前線行脚

日記を書く

沖縄・今帰仁城跡に咲いた桜の前で新曲を披露した、ふくい舞
沖縄・今帰仁城跡に咲いた桜の前で新曲を披露した、ふくい舞

 デビュー4年目の歌手ふくい舞(26)が、新曲「いくたびの櫻」の発売イベントを、日本で一番早く桜が咲いた沖縄・今帰仁(なきじん)城跡の「桜まつり」で開催した。今後は、史上初の試みとして、桜前線の北上とともに全国でPRイベントを展開。NHK土曜時代劇「隠密八百八町」の主題歌として話題の桜ソングが、満開ヒットとなるか、注目される。

 沖縄の寒緋桜(かんひざくら)が咲きほこる古城跡で、ふくいが、新曲バラードを歌いつづった。「これから全国各地の桜の下で歌っていきたいと思っています」。

 3月19日に本土の最南端・鹿児島に上陸し、約2カ月かけて桜前線とともにPR活動で北上する。最後の北海道・札幌まで全国20カ所でのイベントを計画中。ふくいは「きっと誰もやったことない新曲キャンペーンですよね」と、楽しみを抑えきれないように、声を弾ませた。

 楽しみいっぱいの全国行脚だが「いくたびの櫻」は、デビュー4年目にしてつかんだ、切ない情感のこもる勝負曲だ。「日本人にとって桜は特別で、皆さんにもそれぞれに思い出があると思います。桜を見ながら、大切な人を思い出してもらえる歌に育てていきたいです」。

 ふくいにも、歌唱中に思い出す光景がある。8年前の高校卒業式時に、同級生の親友と見た地元京都の鴨川の桜だ。夢を語り合ってきた親友だったが、デビュー前に病で亡くなっていた。「初めはつらかったけど、3年たった今でも寂しいと思えるほどの大親友と、私は出会えたんだと考えると、前向きになれます。(彼女の分も)毎年、このきれいな桜を見たいし、この歌を歌っていきたい」。

 昨年は、亡き祖母への思いを歌った植村花菜の「トイレの神様」が、“泣き歌”としてヒットしたが、似たテイストのバラードだ。世界遺産・今帰仁城跡の観光客の60代男性にも「お~、この曲、毎週時代劇で聴いてる。いい曲だよ、お姉ちゃん!」と感激され、握手と記念撮影を頼み込まれていた。

 ふくいは「生の感想が聞けて最高です。1人でも多くの方々の心に花を咲かせたい。花咲か姉さんのつもりで歌っていきます」と、期待の花を胸に満開に膨らませていた。【瀬津真也】

 [2011年2月6日8時24分 紙面から]



関連ニュース




キーワード:

ふくい舞

このニュースには全0件の日記があります。






この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  山路氏「サンデーモーニングかと思った」 - 芸能ニュース
  2. 2  AKB前田、板野ダウン 半日かけ握手会 - 芸能ニュース
  3. 3  原幹恵「のぞかれるよりのぞきたい」 - 芸能ニュース
  4. 4  山本梓30歳になっても「グラビア頑張る」 - 芸能ニュース
  5. 5  光一階段から5104m転落で帝劇100歳飾る - 芸能ニュース





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 芸能
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです