日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 実業団女子駅伝
  5. ニューイヤー駅伝
  6. 高校駅伝
  1. 箱根駅伝
  2. 往路速報
  3. 復路速報
  4. 成績
  5. 出場校
  6. ニュース
  7. 歴代V
  8. コース
  9. 選手一覧

早大 箱根駅伝「怪獣の大会にしない」

日記を書く

 東京箱根間往復大学駅伝(1月2、3日=10区間217・9キロ)の大会エントリーメンバー(各チーム16人)が10日、都内で発表された。前回の覇者・早大は、10月の出雲、11月の全日本を故障で欠場した八木勇樹(4年)が戦列復帰し、ベストメンバーがそろった。渡辺監督は「八木が戻り、チームの雰囲気も変わった。東洋には『怪獣』がいるが、柏原の大会にしないレースをしたい」と話した。2年ぶりの王座奪還を目指す出雲駅伝覇者の東洋大は、山登りの5区で3年連続区間賞の柏原竜二主将(4年)ら4年生7人がそろう盤石の布陣。酒井監督は「往路4連覇は必ずやりたい。そして総合優勝する」と誓った。

 全日本大学駅伝を制した前回3位の駒大は主力の油布郁人らが名を連ねた。

 東海大は前回2区で17人抜きし、最優秀選手に輝いた3年生の村沢明伸、明大は1万メートルでロンドン五輪参加標準記録Aを突破している鎧坂哲哉が引っ張る。

 また、男子マラソン世界選手権代表・川内優輝(24=埼玉県庁)の弟で、国学院大3年の鮮輝(よしき)が初めての箱根メンバー入りを果たした。 

 10区間の各登録選手は29日に決定する。このほかシード校の中大、拓大、日体大、青学大、国学院大、予選会を勝ち上がった上武大、山梨学院大、国士舘大、東農大、神奈川大、帝京大、城西大、中央学院大、順大、関東学連選抜が出場する。

 [2011年12月10日19時52分]









日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞