来春センバツの21世紀枠の地区推薦校9校が8日午後に発表される。来年1月26日の選考会で本大会出場の2校が選ばれる。

北海道、東北、関東・東京の地区推薦校を予想した。

【北海道】

北海道は、道東の「酪農の町」別海町にある別海(道立)が最有力だ。秋の同大会で4強と大躍進。優勝した北海とも終盤まで接戦を演じた。部員16人。別海中央中で全国大会に出場した選手が地元に残り、快進撃を導いた。過去に甲子園出場なし。

知内町立の知内は準々決勝で別海に延長タイブレーク負け。推薦された3年前には涙をのんでいる。93年春に甲子園出場。

【東北】

東北大会に出場した2校の争いか。仙台一(宮城)は安定した戦いぶりで県3位。東北大会の初戦では八戸学院光星(青森)に食らいついた。伝統がある県屈指の進学校。甲子園は50年夏が最後。

光南(福島)は強打で県準優勝。東北大会初戦の一関学院(岩手)戦は0-1の7回に降雨で継続試合に。翌日さらに2失点して敗れた。甲子園は06年夏が最後。

▽青森=弘前南(公立・県4強)

▽岩手=水沢工(公立・県4強)

▽秋田=大館桂桜(公立・県8強)

▽山形=山形南(公立・県8強)

▽宮城=仙台一(公立・東北2回戦)

▽福島=光南(公立・東北2回戦)

【関東・東京】

水戸一(茨城)が1歩リード。3連続無失点で勝ち進み、準決勝は常総学院に1-8。県随一の進学校であり、実力も備える。OBに飛田穂洲、石井連蔵と野球殿堂入りの2氏。甲子園は54年夏が最後。

続くのは吉田(山梨)。進学校で選手13人ながら県8強。関東大会に進んだ帝京三に3-4と善戦した。甲子園は89年夏が最後。

唯一、関東大会に出場したのは明和県央(群馬)。県2位に食い込み実力は高い。同校を含め、21世紀枠で選ばれにくい私立校が4校推薦されている。

▽茨城=水戸一(公立・県4強)

▽栃木=佐野(公立・県8強)

▽群馬=明和県央(私立・関東1回戦)

▽埼玉=坂戸(公立・県8強)

▽千葉=千葉商大付(私立・4強)

▽東京=日大二(私立・都4強)

▽神奈川=鎌倉学園(私立・県4強)

▽山梨=吉田(公立・県8強)