女優広瀬すず(20)が、ヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜午前8時)の13日に放送された第37回の平均視聴率が21・2%(関東地区)だったことが14日、ビデオリサーチの調べで分かった。最高視聴率は第15回の23・6%。

同ドラマは、戦争で両親を亡くし、父の戦友の養女として引き取られたヒロイン奥原なつ(広瀬すず)が、北海道を舞台に、亡き父の戦友の柴田剛男(藤木直人)と妻富士子(松嶋菜々子)、柴田夫妻の父泰樹(草刈正雄)に育てられ、豊かな想像力と開拓者精神を生かし、アニメーターを目指す姿を描く。脚本家の大森寿美男氏のオリジナル作品。元AKB48で女優の渡辺麻友、井浦新、染谷将太、伊原六花、小手伸也らが朝ドラ初出演。ほかに貫地谷しほり、中川大志、麒麟の川島明、木下ほうか、角野卓造が出演する。また、語り(ナレーション)をなつの父親という設定で内村光良が担当する。

あらすじは、天陽(吉沢亮)に会いに行く途中に吹雪で立ち往生し倒れてしまったなつだったが、助けてくれたのは人里離れた森の奥でひっそりと暮らす阿川弥市郎(中原丈雄)と砂良(北乃きい)親子だった。なつは見知らぬ人と思っていたが、実は演劇部顧問の倉田先生と関係があり、以前に倉田が弥市郎のところにやって来て話を聞き、平和を願い魂を込めて演劇の台本を書いていたことなどを知った。なつは翌日、「みんなが心配しているから」と夜が明ける前に弥市郎にお礼を言って家に戻ることにした。その途中、広い大地からのぞく朝日の光景を見て涙を流した、という内容だった。