菅義偉首相は25日、今国会初めてとなる衆院予算委員会に出席したが、マスクをつけているとはいえ、答弁の際に声がかすれたり、聞き取りにくいシーンがみられた。野党の質問に、のどの不調を明かした。

22日の参院本会議で行われた代表質問でもせき込むことが多く、水を飲みながら対応した首相。質問に立った立憲民主党の小川淳也議員は「せきが止まらないとか、せき込むなどの報道がある。今日も朝から、ちょっとかすれ声が気になる」と述べ、体調をたずねた。

首相は「ご心配いただき、ありがとうございます。のどが痛くて声が出ないだけで、いたって大丈夫です」と応じた。小川氏は首相のストレスや重圧に触れた上で「くれぐれもご自愛を」と、いたわった。

首相は23日、議員宿舎での完全休養をとったほか、24日も午前中は公務を入れなかった。