プロ野球番記者コラム

石川柊太はモノノフ ライブでドラ1候補との出会い

<とっておきメモ>

<ソフトバンク4-0西武>◇1日◇ペイペイドーム

ソフトバンク対西武 ソフトバンク石川は1安打13奪三振でプロ初完封勝利を飾る(撮影・今浪浩三)
ソフトバンク対西武 ソフトバンク石川は1安打13奪三振でプロ初完封勝利を飾る(撮影・今浪浩三)

ソフトバンク石川柊太投手(28)が、プロ初完投を初完封で飾った。6回に許した1安打のみで、自己最多となる13奪三振。リーグ3連覇を狙う西武強力打線の1番から5番まで「マルチ三振」を奪い、自身18年から続く連勝を9に伸ばした。チームにとっても今季初完投で、首位固めを予感させる完勝劇となった。

   ◇   ◇   ◇

石川はアイドルグループ「ももいろクローバーZ」のファン=モノノフとしても有名だ。無観客ライブを登板後の楽しみとしている。「明日(2日)ライブ配信があるんで」とマウンドから降りれば、思いっきり自分を甘やかす。

自身がプロデュースしたグッズ「ペンライト」も人気。3月に発売されると定価3500円ながら予定の300本は2日で完売。さらに300本が追加された。球団広報によると「通常なら1年かけて販売する量が2日で完売。追加されるのは珍しい」という。

思わぬ「ファン」もついた。昨年12月に大阪城ホールでの「ももクロ」ライブに行った際、今秋ドラフト1位候補の近大・佐藤輝明外野手(4年=仁川学院)と偶然に会った。あいさつされた石川は一緒に写真も撮ったという。

この日も「ももクロ」に作ってもらった登場曲「仕事しろ」に乗って、最高の仕事をやってのけた。【ソフトバンク担当・浦田由紀夫】

ソフトバンク対西武 先制の3点本塁打を放った栗原(左)と笑顔を見せるプロ初完封勝利の石川(撮影・今浪浩三)
ソフトバンク対西武 先制の3点本塁打を放った栗原(左)と笑顔を見せるプロ初完封勝利の石川(撮影・今浪浩三)

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング