U18高校日本代表に大船渡・佐々木、星稜・奥川ら

日本高野連は20日、第29回WBSC U18ベースボールワールドカップ(8月30~9月8日、韓国・機張)に参加する、高校日本代表選手20人を発表。

163キロ右腕の大船渡(岩手)佐々木朗希投手(3年)、星稜(石川)奥川恭伸投手(3年)、創志学園(岡山)西純矢投手らが選出された。

メンバーは以下の通り。

▽投手(9人)

11 佐々木朗希(3年=大船渡、190-86、右右)

12 浅田将汰(3年=有明、181-85、右右)

13 池田陽佑(3年=智弁和歌山、183-84、右右)※

14 前佑囲斗(3年=津田学園、182-88、右右)※

15 飯塚脩人(3年=習志野、181-78、右左)※

16 西純矢(3年=創志学園、184-85、右右)

17 宮城大弥(3年=興南、172-78、左左)

18 奥川恭伸(3年=星稜、183-84、右右)※

19 林優樹(3年=近江、174-64、左左)※

▽捕手(2人)

10 山瀬慎之助(3年=星稜、177-85、右右)※

22 水上桂(3年=明石商、172-72、右右)※

▽内野手(7人)

1 森敬斗(3年=桐蔭学園、175-75、右左)

2 武岡龍世(3年=八戸学院光星、178-77、右左)※

3 石川昂弥(3年=東邦、185-87、右右)

5 韮沢雄也(3年=花咲徳栄、177-80、右左)※

6 遠藤成(3年=東海大相模、178-82、右左)※

7 坂下翔馬(3年=智弁学園、164-67、右左)※

8 熊田任洋(3年=東邦、174-74、右左)

▽外野手(2人)

21 鵜沼魁斗(2年=東海大相模、175-74、右右)※

24 横山陽樹(2年=作新学院、178-76、右右)※

【注】※は今夏甲子園出場選手、()内は学年、所属、身長-体重、投打

【高校日本代表日程】

<1次ラウンド>

8・30 スペイン(12時)

8・31 南アフリカ(12時)

9・1 米国(18時)

9・2 台湾(18時)

9・3 パナマ(18時)

<スーパーラウンド>

9・5~7

<3位決定戦>

9・8(12時)

<決勝>

9・8(18時)

◆U18W杯 世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が主催する18歳以下による世界大会。81年に始まり今回が29度目。日本が高校日本代表で臨むのは04年が最初で、今回が6度目。優勝はなく、4度の準優勝が最高成績。1次ラウンド(R)は2組各6チームで総当たり戦を行い、各組上位3チームがスーパーRに進出。スーパーRの上位2チームで決勝を争う。今大会から球数制限が導入される。