福岡第一は打線沈黙「川瀬くんはいい投手」主将樗木

<高校野球秋季九州大会:大分商5-2福岡第一>◇21日◇準々決勝◇みどりの森県営野球場

福岡第一は、大分商・川瀬堅斗投手(2年)の前に打線が沈黙して敗れた。7回までわずか3安打で、主将の樗木(ちしゃき)翔馬内野手(2年)は「川瀬くんは予想通りのいい投手でした。チャンスもつくれなかった」と下を向いた。

先発の石橋辰宣投手(2年)が7回途中1失点の好投も報われなかった。それでも8、9回の終盤で代打の活躍などで1点ずつを奪い、樗木主将は「ベンチで僕らを応援してくれた分、打たせてくれたんだと思う」とチームとしての意地を見せていた。

その他の写真

  • 大分商対福岡第一 大分商先発の川瀬は雄たけびを上げながらの完投勝利(撮影・浦田由紀夫)