宮城準々決勝から今季初の有観客開始 検温など徹底

  • 今季初めて準々決勝から有観客試合になった宮城大会で、自動検温後(手前)にチケットを購入する一般観戦者

<高校野球秋季宮城大会>◇23日◇準々決勝◇石巻市民球場ほか

宮城県高野連は準々決勝のこの日から、夏の独自県大会を含めて今季初になる有料観客試合を開始した。

平日開催のこの日、チーム関係者を含めて仙台市民球場では2試合で約290人(一般入場=約190人)、石巻市民球場には同460人(一般入場=約360人)が観戦。それぞれ個人情報(住所、氏名、電話番号)の提供と検温、手指消毒を徹底して入場を許可した。