西武延長制し借金1 森&中村の大阪桐蔭コンビ活躍

<オリックス5-7西武>◇17日◇京セラドーム大阪

西武の大阪桐蔭コンビが試合を決めた。同点の延長10回1死三塁、5番森友哉捕手が、オリックス小林の低めフォークボールを右翼にはじき返した。距離十分の飛球に、三塁走者源田が悠々と勝ち越しのホームイン。4日楽天戦以来、久々の打点が勝利打点となり「よかったです。だいぶ崩されましたが、当てれば何かあると思っていたので」と喜んだ。

続く6番中村剛也内野手が右翼ポール直撃の8号ソロで追加点。「(森)友哉がかえしてくれたので、本当に楽な気持ちで打席に入れました」と後輩をたたえた。名門出身の左右の強打者が、慣れ親しんだ大阪で勝負強さを発揮し、辻監督も「友哉はさすが。状況に応じた打撃ができるね。中村のホームランもうれしくてしかたなかったよ」。延長で粘り強さを見せて最大4あった借金を1つまで減らし、満足げな表情だった。

その他の写真

  • オリックス対西武 10回表西武2死、右越えソロ本塁打を放つ中村(撮影・上田博志)