ロッテ三木は打撲と診断 井口監督「抹消はしない」

ロッテは8日、三木亮内野手(27)が左第4手骨打撲と診断されたと発表した。

7日のソフトバンク戦の7回に死球を受け、千葉市の病院を受診した。

井口監督は「打撲だけなので、今日、明日休んでどれだけ回復するかですね。抹消はしない予定です」と説明した。