阪神ソラーテ降格後初実戦3の0、守備では失策も

<ウエスタン・リーグ:阪神2-8ソフトバンク>◇22日◇鳴尾浜

打撃不振で2軍に降格した阪神の新外国人、ヤンハービス・ソラーテ内野手(32)が22日、ウエスタン・リーグのソフトバンク戦(鳴尾浜)に2番二塁で先発出場した。

18日巨人戦(東京ドーム)で3打数無安打に終わった後、19日に出場選手登録を抹消された。2軍降格後、初の実戦となったこの日。初回の第1打席は、ソフトバンク先発の右腕スアレスに対して左打席に入り、外角150キロ直球に見逃し三振に倒れた。

2回の守備では、1番真砂が放ったライナー性のショートバウンドを捕球できず、失策を記録した。

3回の第2打席は、初球を逆方向に打ち返すも左飛。6回の第3打席は追い込まれてから4球ファウルで粘ったが、力ない右飛に終わった。7回の守備から退き、全て左打席で3打数無安打。二塁の守備機会は2度で、1失策だった。

その他の写真

  • ウエスタン・リーグ阪神対ソフトバンク 二塁を守る阪神ソラーテ