谷繁氏「勝ちたい執念すごかった」高木守道さん悼む

元中日監督の高木守道氏が17日午前、急性心不全のため死去した。78歳だった。1960年(昭35)に県岐阜商から中日に入団。現役通算2274安打、369盗塁、打率2割7分2厘の成績を残した。バックトスなど華麗な守備を見せ、二塁のスペシャリストとして脚光を浴びた。監督時代の94年には巨人と同率首位で並び、最終戦で優勝を争った伝説の「10・8」決戦で敗れるなど悲運の指揮官としても記憶される。通夜、告別式は近親者のみで営まれる。

▽谷繁元信氏(12~13年に高木監督の下でプレー。日刊スポーツ評論家)「ユニホームを脱いだ時はもの静かな人だったが、1度ユニホームを着ると勝ちたいという執念がすごかった。厳しさもあり、ベテランだった私もミスをすれば代えられることもあった。ドラゴンズが好きで、何とかしたいという思いを強く感じさせる監督だった」