広島小園が豪快弾「成長つながる」課題変化球に対応

  • 実戦形式の練習で、安打制のあたりを放つ広島小園(撮影・加藤孝規)

広島小園海斗内野手が23日、豪快なアピール弾を放った。

マツダスタジアムで行われた実戦形式の打撃練習に参加。打撃投手を務めた遠藤の1ボールからの2球目、内角124キロのスライダーを完璧に捉え、右翼ポール際に飛び込んだ。

「内角の甘いスライダーをしっかりさばけた。変化球が一番難しいので、しっかり対応できたところは成長につながっていると思います」と胸を張った。

この日は4打席で1発を含む安打性3本と気を吐いた。「動くボール、ツーシームとかも振れてきている。最後までボールを見て、振れていると思います」と課題とする変化球への対応に手応えを口にした。しっかり振り切ることを目的に、練習では最後までバットを両手で握ってスイングするメニューにも取り組んでいる。「毎日が勝負なので気が抜けない。絶対にポジションを取るつもりでずっとやっているので、そこの気持ちは変えずにやっていきたい」と気を引き締めた。