西武中村、死球も強行「若い選手も見習って」辻監督

  • 西武対オリックス 6回裏西武1死一塁、右手に死球を受けた中村(中央)は苦悶(くもん)の表情を見せる(撮影・足立雅史)
  • 西武対オリックス 6回裏西武1死一塁、中村が死球を受けベンチで厳しい表情の辻監督(左)(撮影・垰建太)
  • 西武対オリックス 6回裏西武1死一塁、中村に死球を当て厳しい表情の山本(撮影・垰建太)

<西武5-8オリックス>◇5日◇メットライフドーム

西武は与座海人投手が3度目の先発でゲームをつくりながらも、プロ初勝利には届かなかった。

1回に先制した直後の2回に、オリックスT-岡田に逆転2ランを浴びた。その後は抑えながらも6回途中3失点で降板。反撃に出たい打線は6回にオリックス山本由伸投手から3死球を受けた。右手首に直撃した中村剛也内野手は、治療を受けながら強行出場。8回の打席で交代した。辻発彦監督は「(中村が)『しゃくだからもう1回打席立つ』って意気込んでいたけど、点差開いたんで無理させたくなかった。それでも行くっていうベテラン中村の気持ちをくんで、若い選手も見習って。そういうやられたらやり返す気持ち持って相手と戦わないといけない」と、ベンチでの様子を明かした。