田沢NPB入りは難しいのかなと BC埼玉入団会見

13年のレッドソックス世界一に貢献するなど、メジャーで通算9年間プレーし、ルートインBCリーグの埼玉武蔵ヒートベアーズに入団した田沢純一投手(34)が13日、埼玉・熊谷市内で入団会見を行った。背番号はレッドソックス時代と同じ「36」。

元ロッテの角晃多監督(29)から熱烈オファーを受け、6月上旬に入団が内定。この日、正式契約を結んだ。

独立リーグを新たな場所と選んだ理由を「いろいろ迷ったこともありましたが、監督から(誘いの)コメントをいただき、このチームでプレーしようと思いました」と話した。20年3月にレッズと契約解除となったが、マイナーリーグは新型コロナウイルスの影響で中止。「コロナの中、アメリカもマイナーがなく、やれる場所があまりなかった。オファーをもらい、素直にうれしかった」と打ち明けた。

将来的な米球界復帰については「今は、そこは考えていません。まずはこのチームで貢献できることを考えるのが大事」と強調した。

NPB入りについては「いろいろなものもあり、難しいのかなと。そこは今シーズンが終わってからでいいのかな。その後、いろいろなことが変われば、話も変わってくるのかなと思います」と話した。新日本石油ENEOS(現ENEOS)でプレーしていた08年にドラフト指名を回避して、米球界に移籍した。このことがきっかけで、大卒・社会人選手は米球団を退団後も2年間(高卒選手は3年間)はNPBと契約できないこととなった。

今後は生活の立ち上げなどがあるため、1週間ほどでチームに合流する見通し。起用法について、角監督は「本人と考えていければ」と話した。