PL山本元監督死去 「常勝PL」は監督のおかげ

元PL学園監督、法大野球部監督の山本泰氏(やまもと・やすし)が11日午前1時半、腹部大動脈りゅう破裂のため東京・府中市の病院で死去した。75歳。大阪府出身。葬儀、告別式は近親者による家族葬で行う。

阪神木戸克彦球団本部プロスカウト部長 2年前に独立リーグで鳴尾浜に来た西田(真二氏)と一緒に監督に電話して、「甲子園の優勝から40年がたちましたね。ありがとうございます。おかげで今の私たちがあります」と話をしたのが最後の会話でした。それっきり会うことができなかったのが心残りだし残念です。本当に厳しくて泥臭くて、PLの基礎を作ったのは間違いなくあの人だし、「常勝PL」と呼ばれるようになったのは本当に監督のおかげです。ものすごくきつかったけど、ものすごく勉強させてもらった人ですし、監督でありおやじとお兄さんの間のような人でした。