退場オリックス太田は肋骨骨折、今季中の復帰厳しく

  • 3回裏オリックス2死一、二塁、伏見の打球を送球するビヤヌエバ(奥)と二塁走者の太田が激突する(撮影・前岡正明)

オリックス太田椋内野手(19)が25日、日本ハム12回戦(京セラドーム大阪)で負傷交代し、大阪市内の病院で右肋骨(ろっこつ)骨折で約2週間の安静が必要と診断された。3回に走塁で三塁手ビヤヌエバと交錯した際、頭部と胸部を強く打ち付けた。脳振とうの症状はないという。ただ、安静後に患部の状態を見てリハビリを行う予定で、今季中の復帰は厳しい見通しとなった。