復活Hデスク日誌「こちら裏・文化社会部」

「メガパクチー」爆食後、デスク業務効率2割アップ

<復活Hデスク日誌「こちら裏・文化社会部」>

いつものように眉間にしわを寄せて芸能デスクワーク業務に完全没入しているかのように見せかけつつ、同時並行的に、大手出前サイトをこっそりチェックしていたところ、本社の配達可能エリアについに「ベトナム料理店」が登場していたのを発見した。

勢いよく葉が飛び出た「メガパクチー生春巻き」。ちなみに最近、社内で変わった出前を食べていても誰からも突っ込まれなくなってきたことに気付き始めている
勢いよく葉が飛び出た「メガパクチー生春巻き」。ちなみに最近、社内で変わった出前を食べていても誰からも突っ込まれなくなってきたことに気付き始めている

すぐ目に入ってきたのが「メガパクチー生春巻き」(税込590円)なるインパクト抜群のメニュー。即注文し、約40分後、到着した料理を見ると、生春巻きから豪快にパクチーがはみ出しまくっており、まさにその勢いは「メガ」であった。

これは一気に食べるしかない。芸能デスク業務を一時的に放り投げ、一緒に頼んだ「ベトナムチキンカレー」(同970円)とともに「メガパクチー生春巻き」を猛然とほおばり、デスク席の上で大量のパクチーの茎や葉部分をバリバリ食べ尽くした。

あの独特の香味が口の中に広がり、大脳の眠れる部分を大いに刺激。メガパクチーに挑んでいる時間は一時的にデスクワークが“休業状態”となったのも事実だが、その後「パクチー効果」でデスク業務作業効率がその後推定2割ほどアップした。

パクチーはセリ科の一年草。体に良いとされる栄養成分を含むものの、その独特の香りから苦手とする人も多い。一方で近年、「パクチニスト」などとよばれるパクチー好きな人も増えており、パクチー専門料理店もできているほどの“存在感”を放っている食材ではある。

筆者は特にパクチーをすごく好きというわけでも、嫌いというわけでもないが、次回は同ベトナム料理店の出前メニューにあった「ざる盛パクチー」や「肉味噌パクチー」、「パクチーオムレツ」などにもチャレンジし、それらが大脳や作業効率に与える影響を勝手に検証してみたい。

【文化社会部・Hデスク】

おすすめ情報PR

芸能ニュースランキング