ナイツ土屋、クロちゃんより来場者が「モンスター」

ナイツの土屋伸之(40)が、お笑いトリオ安田大サーカスのクロちゃん(42)が出演するTBS系「水曜日のダウンタウンSP」の一般公開企画が多数の来場者が集まったことで中止になった騒動について、企画の“裏の趣旨”を推測した。

土屋と相方の塙宣之、タレントの清水ミチコは27日、ラジオ番組「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」に出演。「水曜日-」の話題に触れた。

塙は企画の会場となった東京都練馬区の遊園地「としまえん」が自宅から遠くないため「ちょっと行こうかなって思いました」といい、来場者が殺到したことに「そういうことを思った人が本当にいっぱいいたってことでしょうね」と納得した。

26日放送の「水曜日-」では、クロちゃんが出演する恋愛リアリティー企画「モンスターハウス」の一環で、クロちゃんをとしまえん内に設置したおりに入れて一般公開する罰企画を行うことになったが、来場者が殺到したことで混乱を招き、急きょ中止となった。

会場周辺では渋滞が起こり、警察が出動する騒ぎに。また、一部の来場者がよじ登ったことで破損したと見られる会場の柵などを撮した画像もネット上に複数アップされている。

土屋は一部来場者が“暴徒化”したことに「『(クロちゃんより)そっちの方がモンスターだったんだ』っていう、そういうことでしょうね。このご時世に対する」と、番組企画の趣旨を推察。清水は「なるほどね。コンプライアンスがうるさい世の中で、攻めてるよね」と感心した。

このニュースの写真

  • クロちゃん(2018年10月29日撮影)