岡田准一「白い巨塔」第1話は好調12・5%

テレビ朝日開局60周年記念5夜連続ドラマスペシャル「白い巨塔」(22~26日まで、午後9時)の22日に放送された第1話が12・5%(関東地区)だったことが23日、ビデオリサーチの調べで分かった。

V6岡田准一主演で、地上波としては異例の5夜連続放送の大型ドラマ。主人公の外科医、財前五郎を演じるが、医者役は初挑戦だ。

同作は、医学界の内幕に鋭いメスを入れた山崎豊子氏の名作。これまで故田宮二郎さんや唐沢寿明の主演で何度も映像化されている。母子家庭で育った財前は、たゆまぬ努力で成功を勝ち取り、大学病院のスター准教授として君臨する。教授の座に向かって野心を燃やし、さまざまな工作を開始するが、欲望が渦巻く教授選挙は思わぬ展開を見せていく。

◆白い巨塔 山崎豊子氏の原作で、63~65年、続編が67~68年まで「サンデー毎日」で連載された発行部数累計600万部のベストセラー小説。教授の座を野心的に狙う浪速大学の外科医財前五郎と、対照的な内科医里見脩二の2人の医師を中心に、大学病院にはびこる権威主義、人間の欲望や打算を浮き彫りにした社会派小説。教授選や誤診裁判を通し、財前の栄光と没落を描く。

65年に単行本発売。66年に田宮二郎さん主演で映画化。67年に佐藤慶さん主演でNET(現テレビ朝日)で連続ドラマ化。78年にはフジテレビ系で田宮さん主演で連ドラが放送され、90年にテレビ朝日系で村上弘明(61)主演のスペシャルドラマが放送。03年にフジテレビ系で放送された唐沢主演の連ドラは最終回の視聴率32・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。07年には、韓国MBCでキム・ミョンミン主演の連続ドラマが放送された。