ピエール瀧「こんな自分でありながら」コメント全文

コカインを摂取したとして、麻薬取締法違反の罪に問われたミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)が18日、東京地裁で懲役1年6月、執行猶予3年の判決を言い渡された。

判決後、瀧被告は弁護人を通じてコメントを発表した。

全文は次の通り。

今回の件では、自分を信じてくださった多くの皆様、関係者の皆様に多大なるご迷惑とご心配をおかけしてしまいました。大変申し訳ございませんでした。

また、こんな自分でありながらも、励ましや応援の言葉を表明してくださった多くの皆様には心より感謝しております。本当にありがとうございました。

二度とこのような事を起こさないよう戒めてまいります。

令和元年6月18日

ピエール瀧

その他の写真

  • 判決公判を終えたピエール瀧被告を乗せたとみられる車両を取り囲む報道陣(撮影・加藤諒)