新海誠監督憤り「酷すぎる」京アニ見舞う声相次ぐ

京都アニメーションの放火火災を受け、アニメ界を中心にお見舞いの声が相次いだ。

翌19日に映画「天気の子」の公開を控える、新海誠監督(46)はツイッターで「僕たちは、世界がすこしでも豊かに、わずかでも良くなることを願ってアニメを作っています。(中略)表現することにひるんでもいけないし、楽しんでほしいと心から思います。ただ、あまりにも酷すぎる事件です」と憤りをあらわにした。「天気の子」で音楽を担当したRADWIMPSの野田洋次郎もツイッターで「京都アニメーションでの事件。全容がまだまだわからないけれどあまりにも凄惨(せいさん)。こういう暴力が許せない」と憤りをあらわにした。

滋賀県出身の西川貴教は「(アニメファンが訪れる)聖地巡礼で滋賀の観光に多大な貢献を頂いてきたので、なんとか僕で出来ることがないか考えていきたい」と支援に名乗りを上げた。

その他の写真

  • 西川貴教(2016年7月12日撮影)