五関晃一、初単独主演でジャニー氏からダメだしも

A.B.C-Zの五関晃一(34)が19日、東京・紀伊国屋ホールで、初の単独主演舞台「奇子(あやこ)」の初日公演前、取材に応じた。

今月9日に亡くなったジャニーズ事務所ジャニー喜多川社長(享年87)について「見に来てくれると思います」と語った。

五関は、ジャニー氏について「僕が1人(単独主演)で舞台に立っているところを見るのが初めてだと思うので、喜んでほしいですね。見に来てくれると思います」とほほえんだ。生前のジャニー氏からは、舞台などで何度もダメだしされたという。「ダメだしされて、怒られないように頑張らないといけないですね」と話した。

ジャニー氏とのエピソードも明かした。「ジャニーさんからは、いつも『ユー、ちっちゃいよ』と怒られていたんです。身長が。マスクとか衣装とかが合わなくて、『ユーだけ着ないでくれ』って言われました」と笑った。今作では、身長165センチでモデルとしても活動する駒井蓮(18)らと共演する。「蓮さんもスタイルがいいので。だから、インソール(中敷き)を入れています」と告白。共演の梶原善(53)から「ジャニーさんは、そういう意味で言っていたのかな? 舞台で大きく羽ばたいてほしいっていうことだったんだと思うよ」とツッコまれ、笑いを誘っていた。

その他の写真

  • 主演舞台の初日を迎えた五関晃一(中央)。左は中屋敷法仁氏、右は梶原善(撮影・横山慧)