蓮舫氏ら教師いじめ問題で給食カレー中止に非難

神戸市立東須磨小の男性教諭が同僚の教諭4人からいじめを受けていた問題で、男性教諭が激辛カレーを無理やり食べさせられる動画を観てショックを受けたであろう児童たちへの対応策として給食のカレーを一時中止するなどの方針を示し、ネット上には疑問や批判の声が噴出している。

立憲民主党の蓮舫副代表(51)は18日、ツイッターで「給食のカレーをやめる、動画撮影の家庭科室を改修?どれだけずれてるんだか。あの信じ難い映像はテレビで繰り返し放送されています。児童が受けたショック、保護者の不信を払拭(ふっしょく)する努力のカケラさえ見えない」と非難。アルピニストの野口健氏は「カレーをやめる???カレーは何も悪い事はしていないよね…やめるのはカレーではなく加害者連中でしょうに。そして加害者らには会見なりさせるべき」とツイートした。

また、複数のカレー店が公式ツイッターで「給食のカレーに罪はありません」「給食のカレーを助けてあげてください」などと訴えている。