お互い「車にはねられた」川崎麻世とカイヤ主張対立

俳優の川崎麻世(56)とタレントのカイヤ(57)の離婚裁判が28日、東京家裁(石橋俊一裁判官)で開かれ、離婚理由をめぐり真っ向から対立した。

昨年10月に川崎が訴訟を起こしたが、カイヤの代理人が辞任し延期になっていた。今年7月にカイヤが離婚と2000万円の慰謝料を求め反訴した。今回の裁判は、お互い離婚を求めているが、離婚の原因がどちらにあるかが争点。この日は双方が出廷、対面した状況で尋問が行われる予定だったが、カイヤが「不安になってきた」と直前に退廷を希望したため顔を合わせることはなく、それぞれに対して尋問が行われた。

最初に尋問を受けた川崎は淡々と「気にくわないことがあると手が出たり罵倒された」と説明。「けんかしたカイヤが運転する車のボンネットに(自分が止めようと)飛び乗り、サイドミラーにつかまっていたが、(運転するカイヤに)加速されて振り落とされた」などと主張。自身の暴力については「全くない」と否定、15年近く別居しているとした。

一方、カイヤは尋問で反訴した理由を「クリスチャンなので結婚の契りを信じていた。しかし、裁判になってウソがたくさん出てきて耐えられなくなった」と明かした。その上で、結婚当初から川崎に暴力を受けていたとし「(泥酔した川崎が運転する車を)止めようとしたら怒ってハンドルをきって私をはねました」。さらには、昨年まで同居していたと涙ながらに主張。裁判はこの日で結審、来年2月3日に判決が下される。

その他の写真

  • 川崎麻世