1. J1
  2. 日本代表
  3. 海外サッカー
  4. J2ほか

4日再開 J1全チーム現状チェック&予想スタメン

新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、2月下旬から中断していたJリーグ。6月27日のJ2再開&J3開幕に続き、4日にはいよいよJ1もリモートマッチ(無観客試合)で再開します。2月21、22、23日の開幕節1試合のみ戦い、その後止まっていた約4カ月間で、チームはどう変化しているのか-。システムは? スタメンは? 戦力は? 再開まで3日となった1日、全9試合の予想スタメンを一挙掲載。開幕戦との顔ぶれを比較をしながら、待望の一戦への妄想!? を膨らませましょう!


横浜FC-札幌 18時 ニッパツ

【札幌 ペトロビッチ監督、外国人初の200勝へ】

15年から正守護神だった韓国代表GKクが中断中にKリーグへ移籍し、ベテラン菅野がレギュラーとなりそうだ。前線3人はFWジェイ、鈴木、MFチャナティップが主軸と予想する。昨季リーグ9得点を挙げたFWロペスはブラジルに一時帰国中。再来日は再開には間に合わず、チーム合流が待たれる。就任3年目のペトロビッチ監督は、あと7勝で外国人監督初のJ1通算200勝を達成する。チームは千葉市内の高円宮記念JFA夢フィールドを拠点にキャンプ中で、再開後のアウェー4連戦を乗り切る。

横浜FC-札幌の予想スタメン
※布陣イラストの【 】内は2月の開幕時のスタメン選手。システム変更でポジションが異なる場合あり
横浜FC-札幌の予想スタメン ※布陣イラストの【 】内は2月の開幕時のスタメン選手。システム変更でポジションが異なる場合あり

【横浜FC カズ、俊輔決めればJ1最年長弾】

チームは昨季、J2の2位で13年ぶりにJ1復帰。開幕のヴィッセル神戸戦は泥臭く戦い勝ち点1をもぎとった。活動休止期間中も下平監督がアプリを使用し、戦術講義の映像を送るなど戦術浸透を図ってきた。再始動してからは練習試合3試合、大けがをした選手は出ておらず、全員戦える状態で再スタートを切れそうだ。指揮官は新たな試みに挑んでいることを示唆し、神戸戦からは先発の顔ぶれは変わりそう。FWカズ、MF中村は、得点を決めれば、鹿島MFジーコの41歳3カ月12日を抜いてJ1最年長ゴール記録になる。


清水-名古屋 18時 アイスタ

【名古屋 感染者で調整狂う、金崎の出場は未定】

FW金崎、GKランゲラックと新型コロナウイルス感染者が2人出て、調整プランに狂いが生じた。6月1日から全体練習再開も、翌2日から休止。練習試合も予定していた試合が中止となった。その中で20日に行ったJ3FC岐阜との練習試合は1-0の辛勝。得点はPKによるものだけで、攻撃面での課題を露呈した。金崎は30日から全体練習合流も実戦復帰は未定。元ブラジル代表FWジョーも退団が決まった。攻撃の核を欠く中で、どれだけ得点力を上げられるか。チームとしての攻撃力がポイントになりそう。

清水-名古屋の予想スタメン
※布陣イラストの【 】内は2月の開幕時のスタメン選手。システム変更でポジションが異なる場合あり
清水-名古屋の予想スタメン ※布陣イラストの【 】内は2月の開幕時のスタメン選手。システム変更でポジションが異なる場合あり

【清水 カルニーニョスが3トップ左で先発】

先月18日の活動再開後、リーグ再開へ向けて3度の対外試合をこなし、クラモフスキー監督の掲げる攻撃的サッカーの成熟を目指してきた。中断期間中にチーム層も厚みを増した。加入後は別メニュー調整が続き、開幕戦を欠場したFWカルリーニョスが完全合流。初実戦となった、13日のJ3藤枝MYFCとの練習試合で早くも得点を決めて好調ぶりをアピールした。名古屋戦では3トップの左での先発が濃厚。背番号10を背負う助っ人は「課題を修正し続けていけば、良いシーズンになると思う」と力を込めた。


G大阪-C大阪 18時 パナスタ

【C大阪 離脱者戻ってきて再開戦は万全布陣】

中断期間明けから大きなケガ人も出ず、逆に離脱者が戻って万全の布陣で臨めそう。今季から加入のMF坂元は13日の練習試合で足を打撲。翌週、20日の試合は大事をとって回避も、ロティーナ監督によると大きな問題はなく、7月4日のG大阪戦に間に合う。また昨年末の負傷から長期離脱していたFW高木は中断期間を逆に生かして順調に回復。チーム練習に戻ってきている。過密日程克服へ、指揮官はレギュラー層の増員を掲げており、実績ある選手に加え、U-23からも新戦力発掘を狙う。

G大阪-C大阪の予想スタメン
※布陣イラストの【 】内は2月の開幕時のスタメン選手。システム変更でポジションが異なる場合あり
G大阪-C大阪の予想スタメン ※布陣イラストの【 】内は2月の開幕時のスタメン選手。システム変更でポジションが異なる場合あり

【G大阪 矢島が中盤のカギ、加入昌子は出遅れか】

J1では6年ぶりの優勝へ、高い位置からのプレスで攻撃的なサッカーの完成を目指す。中盤でカギを握るMF矢島は「球を保持するには守備が大事。激しくやっていきたい。J2降格がないのと同時に、僕たちには優勝がある。1つずつ白星を重ねたい」。3、4バックの併用も定着し、韓国代表DFキム・ヨングォンは「重圧もあるが、はね返すくらい期待に応えたい」。一方で新加入のDF昌子は新天地デビューが遅れそうだ。痛めていた右足首は一時は回復したが、再び状態が思わしくなく無理はさせない。


大分-鳥栖 18時30分 和電ド

【鳥栖 自粛前より状態アップ、戦術理解も手応え】

総力戦で過密日程を乗りきる。金明輝監督は、夏場からの厳しい連戦について「11人では無理なので全体で戦わないといけない。戦力の底上げをしてやっていく」と覚悟している。新型コロナウイルスの感染拡大が収まらぬ中、経営危機にも見舞われたが、5月15日、1カ月半ぶりにJ1最速で全体練習を再開した。6月に入り実戦形式の練習を重ねてきた。6月中旬頃は「70~80%だが選手の状態は上がっている。自粛前より状態はいいし戦術理解もいい」(金監督)という状態だったが、調子はかなり上向いている。

大分-鳥栖の予想スタメン
※布陣イラストの【 】内は2月の開幕時のスタメン選手。システム変更でポジションが異なる場合あり
大分-鳥栖の予想スタメン ※布陣イラストの【 】内は2月の開幕時のスタメン選手。システム変更でポジションが異なる場合あり

【大分 さぁ九州ダービー「熱い試合で勝つ」】

4月7日からの活動休止を経て5月19日からグループ分けで再始動した。同29日から初めて全員での全体練習に移行、同30日からゲーム形式練習がスタート。大きなケガ人も出ておらず、昨季9位から、開幕当初の6位以内の目標は変わらない。再開初戦は7月4日鳥栖戦。片野坂監督はリーグ戦再開の日程が発表された際、クラブを通じて「九州ダービーということで無観客の試合ですが、我々は皆さんに喜んでいただけるような熱い試合で勝てる試合をしたいと思います」とサポーターの期待に応える決意をみせた。


浦和-横浜 19時 埼玉

【横浜 中断中に3人補強、4冠へ過密克服だ】

中断期間中にDF実藤、小池、MF天野と即戦力を3人補強し、最大4冠を狙う過密日程に備えた。指揮官は自身の細かい戦術を体現できる選手を重宝し、あまり動かさない。ベースは開幕時の先発となるだろう。入れ替えはほぼ負傷者の部分で、右手骨折で離脱中のGK朴の代役は梶川、DF伊藤と代わり故障明けの畠中、練習復帰間もないDFチアゴ・マルチンスには無理をさせず実藤か。前線は混戦だが、開幕時は状態不良だったFWエリキとエジガル・ジュニオが先発復帰とみる。王者の層は厚く、今年も隙がない。

浦和-横浜の予想スタメン
※布陣イラストの【 】内は2月の開幕時のスタメン選手。システム変更でポジションが異なる場合あり
浦和-横浜の予想スタメン ※布陣イラストの【 】内は2月の開幕時のスタメン選手。システム変更でポジションが異なる場合あり

【浦和 興梠「真のエース」9年連続10発超へ】

自身区切りの通算ゴールへ、FW興梠が貪欲に狙う姿勢を示した。横浜との再開初戦に控え、2部練習で調整したエースは浦和移籍後、通算100得点にあと1点、鹿島アントラーズ時代を含め、史上6人目のJ1通算150得点にあと2点と迫る。「もちろん出るからには得点を狙っていきたい。チームが勝つことが大前提で、それでゴールできたら」とキッパリ。8年連続継続中の年間2ケタ得点も「過密日程で全試合に出ることはできないと思う。試合数も減ると思う中で2ケタを取るのが真のエース」と気合を入れた。


柏-東京 19時 三協F柏

【東京 外国人3トップに永井、安部戻り整う】

再開後も、今季からの新戦術である4-3-3を継続する見通しだ。3トップには強力な外国人トリオをそろえる。さらに開幕時にはけがを抱えて欠場していた日本代表FW永井謙佑、注目の大卒ルーキーMF安部柊斗の2人がともに復帰。戦力を万全に戻すという面では、中断期間がプラスに働いた部分もあった。今季はU-23チームがJ3への参戦を辞退しており、実戦の場を勝ち取る競争も激しくなる。「総合力が問われる」と語る長谷川監督のもと、34人が競い合いながら悲願の初優勝を狙う。

柏-東京の予想スタメン
※布陣イラストの【 】内は2月の開幕時のスタメン選手。システム変更でポジションが異なる場合あり
柏-東京の予想スタメン ※布陣イラストの【 】内は2月の開幕時のスタメン選手。システム変更でポジションが異なる場合あり

【柏 五輪世代DF古賀、アピールへ前向き】

昨季J2で優勝し1年でJ1に復帰。ハードワークできる若手を補強し過密日程を戦う戦力は十分。ネルシーニョ監督も「在籍選手の大半がJ1をよく知っている。あくまで、本来あるべき場所に戻ってきただけ」と自信を秘める。開幕当初はGK中村、MF瀬川ら負傷者が続出したが、現在は続々と戦線復帰。東京オリンピック(五輪)世代のDF古賀は「J1でやれるのは自分をアピールする上では一番の場所。アピールする時間が増えた」と五輪延期にも前向きで、東京の強烈な前線に「1対1で負けないように意識したい」と話した。


川崎F-鹿島 19時 等々力

【鹿島 中断でリフレッシュ】

シーズンオフが約2週間しかとれず、選手の疲労が懸念されていたが、中断期間をへて数年ぶりに“けが人ゼロ”になった。公式戦無得点で3連敗中だが、今季ブラジルから加入したFWエヴェラウドは「中断期間は有意義だった。筋力やパワーがつき、フィジカル的な自信はついた。試合をやりたくてうずうずしている」。MF荒木らルーキーの台頭も期待できそうだ。過去4年リーグ戦で勝利のない天敵川崎Fを倒して勢いに乗り、この4カ月で成熟度を増したザーゴサッカーで高みを目指す。

川崎F-鹿島の予想スタメン
川崎F-鹿島の予想スタメン

【川崎F スタメンと顔ぶれは開幕時と変化なし】

システムは今季から取り組んでいる4-3-3、スタメンも開幕時から変化はなさそう。中断中の6月に右膝関節内遊離体の除去手術を受けたFW小林不在は痛いが、先発レベルの選手がそろっており、過密日程でもチーム力の大幅ダウンは回避できる。シーズン佳境に左膝手術からのリハビリに励むMF中村が復帰してくれば、V奪還への強烈な追い風になることは間違いない。6月に行った練習試合は4戦4勝。MF大島が「攻守で手応えを感じています」と話すように、着実に臨戦態勢を整えている。


湘南-仙台 19時 BMWスタ

【仙台 タイプ違う6FW破壊力ある攻撃陣】

タイプの違う6人のFW陣がレギュラーを争う。再開初戦は開幕時の2トップから3トップで臨むことが濃厚。キャンプ期間にFW長沢、ゲデスがケガで長期離脱し、初陣は苦しい台所事情だったが、中断期間に2人が戻り、18年に2桁得点のFW西村がロシア1部CSKAモスクワから期限付きで古巣復帰。破壊力ある陣容が整った。一方、守備面では10日に右膝靱帯(じんたい)を損傷したDFシマオ・マテが抜けて不安もあるが、ユースから昇格1年目のGK小畑に先発の可能性があり、チームに活気を与えそうだ。

湘南-仙台の予想スタメン
※布陣イラストの【 】内は2月の開幕時のスタメン選手。システム変更でポジションが異なる場合あり
湘南-仙台の予想スタメン ※布陣イラストの【 】内は2月の開幕時のスタメン選手。システム変更でポジションが異なる場合あり

【湘南 古巣仙台戦へ向け石原直モチベーション上昇】

6月2日の全体練習再開後、週1回ペースで練習試合を重ねてきた。チーム活動休止期間が長かったため、浮嶋監督は徐々に全選手のプレー時間を増やしたという。7月4日のJ1再開は仙台戦に決定。古巣との再開初戦を控え、FW石原直は「モチベーションがさらに上がりました。いいプレーを見せたいし、負けたくない」と気合十分だ。またリーグ中断中、MF梅崎は左ひざ半月板損傷で手術を受け、再開初戦はメンバー外が確実。3月に左大腿二頭筋肉離れで離脱していたMF中川の戦列復帰も微妙な状況だ。


神戸-広島 19時30分 ノエスタ

【広島 開幕戦で鹿島撃破した不動のメンバーで】

開幕戦で鹿島アントラーズに快勝した好調さを維持し、不動のメンバーで再開を迎える。城福監督は「我々は再開に向け、最大限の工夫と努力をしてきたつもり。それはこれからも変わらない」。中断中の練習は報道陣に公開し、練習試合は生配信するなど、堂々たる姿勢で5年ぶり優勝を視野に入れる。仙田社長が「現金収入が相当期間にわたって途絶え、危急存亡にある」と経営難を公言したが、地方クラブとしては勝ち続けて地元を盛り上げたい。今月結婚したMF野津田がボランチで新境地を開拓し、選手層の厚さを示す。

神戸-広島の予想スタメン
※布陣イラストの【 】内は2月の開幕時のスタメン選手。システム変更でポジションが異なる場合あり
神戸-広島の予想スタメン ※布陣イラストの【 】内は2月の開幕時のスタメン選手。システム変更でポジションが異なる場合あり

【神戸 若手の抜てき起用でイニエスタを守る】

ドイツ人フィンク監督が、大胆な采配で過密日程を乗り切る。36歳のMFイニエスタについて「大事な選手だが、毎試合は出られないので、チーム全員に力を出してほしい」と発言した通り、22歳DF初瀬、21歳MF安井、21歳MF郷家、18歳FW小田ら若手の大抜てきを行う。郷家は「夏の連戦は若手の力も必要になってくる。結果にこだわりたい。7得点7アシストが目標」。新型コロナに感染したDF酒井も万全な状態に戻したが、他の主力にも適度な休養を与えて控え層の奮起を待つ。天皇杯に続くタイトルなるか。

おすすめ情報PR

サッカーニュースランキング