本田圭佑、所属8クラブ15年で大台通算100得点

  • ACミランでプレーする本田
  • ボタフォゴ対バングー マスクをつけてピッチに入るボタフォゴ本田(撮影・PIKO)

ブラジル1部ボタフォゴに加入したMF本田圭佑(33)が、デビュー戦でゴールを決めた。15日(日本時間16日)、新型コロナウイルスの影響により無観客で行われたリオデジャネイロ州選手権のバングー戦(ホーム)にトップ下で先発し、前半28分に先制点となるPKを決めた。名古屋グランパス時代の05年4月28日の東京V戦でプロ初ゴールを決めてから15年で、クラブ通算100得点目の大台に到達した。後半17分に交代し、試合は1-1で引き分けた。

<本田のクラブ別公式戦成績>

在籍年 所属先

05~07 名古屋(日本) 105試合 13得点

08~09 VVV(オランダ) 74試合 26得点

10~13 CSKAモスクワ(ロシア) 127試合 28得点

14~17 ACミラン(イタリア) 92試合 11得点

17~18 パチューカ(メキシコ) 36試合 13得点

18~19 メルボルン・ビクトリー(オーストラリア) 24試合 8得点

19 フィテッセ (オランダ) 4試合 0得点

20 ボタフォゴ(ブラジル) 1試合 1得点

◆通算成績 463試合 100得点