福岡・芦屋ボートで行われる「G1全日本王座決定戦」(6~11日)を開催する芦屋町ボートレース事業局の関係者が11月30日、東京・築地の日刊スポーツ新聞社をPRのため来社した。

ドリーム戦の1枠は、初日が地元の瓜生正義、2日目は峰竜太が入った。芦屋町ボートレース事業局企画課の豊岡明幸企画宣伝係長は「峰選手は昨年度の大会で優勝を逃してしまったんですけど、それ以前のG1に関しては(64~66、68周年で)連続優勝しているので、今回も楽しみです」とPRした。売り上げ目標は65億円。公式YouTubeでは公開生配信が全レース行われる。

PRコンパニオンの相沢くれはさんは「注目選手は地元のレジェンド瓜生正義選手です。地元の皆さんもご来場されて応援してくださるので、そこで優勝して盛り上げていただけたらいいなと思います」と期待した。