日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの競馬ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

オオゾラ驚異75秒7に武絶賛/エプソムC

武豊騎乗でDウッドコースを軽快に駆けるヒカルオオゾラ(撮影・渦原淳)
武豊騎乗でDウッドコースを軽快に駆けるヒカルオオゾラ(撮影・渦原淳)

<エプソムC:追い切り>

 エプソムC(G3、芝1800メートル、14日=東京)をステップに秋の天皇賞を狙うヒカルオオゾラ(牡5、栗東・池江泰寿)が10日、栗東Dウッドで6ハロン75秒7の猛時計をたたき出した。武豊騎手(40)も驚きの1番時計で、重賞初制覇へ大きく前進した。

 ヒカルオオゾラが力強く羽ばたいた。Dウッド単走で勢い良く駆けだすと、6ハロン75秒7-61秒3、しまい11秒8という驚異的な1番時計を計時。75秒台などなかなかお目にかかれない。いっぱいに追われても無理した様子はなく、脚取りは最後までしっかりしていた。武は池江泰寿師とのやりとりで「すごいねえと言ったら、先週ウオッカに乗った人にそんなこと言ってもらえるなんてうれしいよって言われちゃったよ」と笑った。続けて「でも、Dで76を切ったなんてかなり久しぶり」と絶賛。先週ウオッカの最終追い切りを「スピード違反」と称した天才が、今度は未完の大器に酔いしれた。

 前走時の最終追い切りは馬なりで併せ馬だったが、今回はパターンを変えた。「ある程度やってということだったし、自分のペースで行かせてみようという趣旨だったのでは。けいこは走る馬だがそれにしても良かった。すごくいい」。前走のマイラーズCは6着。初の一線級相手に加え、極端に上がりの速い流れにも戸惑ったが、その経験は必ず生きる。

 「昨年よりいい状態だし秋には大きいところを狙える馬。そのために、まずは重賞を勝たないと。僕もいい形で東京の最後を締めくくりたい」と武。ヴィクトリアマイル、安田記念を制した府中で、最終週も大暴れする構えだ。【和田美保】

 [2009年6月11日9時5分 紙面から]


関連ニュース



ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは



PR



  • インパラ地力に期待/きさらぎ賞 [29日17:36]
  • 東京マイル得意クラレント/東京新聞杯 [29日17:36]
  • レガーロ仕上がり80%以上/きさらぎ賞 [29日17:30]
  • マッジョーレ逆襲十分/東京新聞杯 [29日17:27]
  • スマイル今年も欠かせない!/東京新聞杯 [29日17:27]
  • 根岸S勝利のマシュウ右前脚骨折 [29日17:25]



この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  9歳バトラー牝馬最高齢V/マリーンC - 競馬ニュース
  2. 2  キッツ宝塚へ初時計84秒0、1馬身先着 - 競馬ニュース
  3. 3  シンゲン「風林火山」で勝つ/エプソムC - 競馬ニュース
  4. 4  パドゥシャ長い直線は合う/エプソムC - 競馬ニュース
  5. 5  キャプテン落鉄も「大丈夫」/エプソムC - 競馬ニュース





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです