日本代表森保一監督(55)が、鹿島アントラーズ対横浜FC戦を視察し、先月のワールドカップ(W杯)アジア2次予選ミャンマー戦でA代表デビューを飾った鹿島MF佐野海舟(22)についてコメントした。

この日、先制点の起点となる中央突破を見せるなど、攻守に存在感を発揮した佐野について「(岩政大樹)監督が彼の良さを生かしながら、彼も自分の良さを発揮できるという、チームの中ですごく生き生きしているなと思いました」とうなずいた。

日本代表は、来年1月1日にタイ代表と対戦するため、28日から始動する。7日にメンバー発表を控えるが「ヨーロッパ組で招集できる選手たちもまだ確定してないところはあるんですけど、ウインターブレークでできる人たちと、Jリーグはいったんここから、オフを挟んで、天皇杯をやる人たちはまだあるとは思いますけど、少し休んでもらって、そこから28日のトレーニングのスタートに招集できる選手たちはコンディションを持ってきてもらい、元日の試合にチームとして備えていきたいなと思います」と言及した。