日本サッカー協会(JFA)は7日、2024年1月1日に行われる国際親善試合タイ戦(東京・国立競技場)に臨む日本代表メンバー23人を発表した。GK野沢大志ブランドン(FC東京)、MF伊藤涼太郎(シントトロイデン)が初選出された。

森保一監督(55)は「勝利を目指しつつ、チームの戦術のチャレンジ、個の経験値を上げるチャレンジをしたい。勝って選手たちの頑張りを見ていただいて、一年の良いスタートになったと思えるような試合をできれば」と意気込みを語った。

24年1月から始まるカタールアジアカップ、3月のワールドカップアジア2次予選につながる貴重な強化の場と捉える。「元日の試合を大切に戦いたい」とうなずいた。

今回のメンバー23人は次の通り。

▼GK

前川黛也(ヴィッセル神戸)

鈴木彩艶(シントトロイデン)

野沢大志ブランドン(FC東京)

▼DF

谷口彰悟(アルラヤン)

板倉滉(ボルシアMG)

森下龍矢(名古屋グランパス)

町田浩樹(ユニオン・サンジロワーズ)

毎熊晟矢(セレッソ大阪)

伊藤洋輝(シュツットガルト)

菅原由勢(AZアルクマール)

藤井陽也(名古屋グランパス)

▼MF/FW

伊東純也(スタッド・ランス)

浅野拓磨(ボーフム)

南野拓実(モナコ)

伊藤涼太郎(シントトロイデン)

堂安律(フライブルク)

上田綺世(フェイエノールト)

田中碧(デュッセルドルフ)

奥抜侃志(ニュルンベルク)

川村拓夢(サンフレッチェ広島)

中村敬斗(スタッド・ランス)

佐野海舟(鹿島アントラーズ)

細谷真大(柏レイソル)