サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」が北朝鮮と中東サウジアラビア・ジッダで対戦。

パリ五輪切符をかけた、ホームアンドアウェーの第1戦。日本にとってはアウェー戦だが、当初の平壌開催から、まったく会場が決まらず、試合が迫る中、直前になってようやくサウジアラビア開催に決まるという異例すぎる展開で迎えた試合。

会場の「プリンス・アブドゥラー・アル・ファイサル・スタジアム」は、ガラガラ。チケット発売がなく、ほぼ無観客という、異様な雰囲気で試合が行われた。

28日には、東京・国立競技場で第2戦を戦う。こちらはチケット発売中で、まだ十分に残席がありそうだ。

なでしこ、異例サウジで北朝鮮戦 パリ五輪アジア最終予選/ライブ速報

【動画】なでしこジャパン、ファーストプレーでCK獲得 熊谷紗希のヘッドはわずかに外