J3のガイナーレ鳥取は4日、成績を理由に森岡隆三監督を解任し、須藤大輔氏が新監督に就任すると発表した。チームは第12節を終え、5勝3分け4敗の勝ち点18で7位。

 森岡氏はクラブを通じて「昨シーズンより1年半、苦しい時も常に応援してくださった全ての方々に、心より感謝を申し上げます。ありがとうございました。今季はクラブとしても戦う体制が整い、チーム状態も上向きつつある中、チームを去ることは本当に無念であり、選手たちに混乱を与えてしまったことも申し訳なく思います。私自身、全てをかけ、チームの勝利のために努めてきたことに偽りはなく、後悔もありません。今はただ、チームがより前を向き、選手たちがこれまで以上にピッチで躍動出来るよう、心より願っております」とコメント。昨年から同クラブの指揮を執り、監督1年目は最下位だった。

 森岡氏は元日本代表DFで2002年ワールド・カップ(W杯)にも出場している。