J1湘南ベルマーレが11日、神奈川・平塚市内で今季初練習を行った。

約1時間の室内ミーティング後、ピッチで約1時間半、汗を流した。就任8年目を迎える曹貴裁監督(49)は「いろんな意味で楽しみなシーズンになると思っている。スピーディーで、座って見ている人が思わず立ち上がってしまうようなフットボールをしたい。まだ見たことのない景色を選手と一緒に見ていきたい」と意気込んだ。

チームは創立50周年の昨季にルヴァン杯を制覇。この日発表された今季ユニホームの胸部分には星がひとつ加わった。今季チーム最年長となるMF梅崎司(31)は「チームが若すぎますね」と苦笑いしつつ「何も変わらず、むしろ一番上だからこそ一番若々しくプレーしたい」と話した。目標には2桁得点を挙げ「そこにいかなければチームとしても高みは望めないし、個人としても高いところにはいけないのかなと思っています」とプレーでチームを引っ張っていく。