バナナの次は、アボカド!? 川崎フロンターレは14日、売上の一部が等々力陸上競技場の整備基金に寄付される「かわさき応援アボカド」の発売を発表した。

09年から販売している「かわさき応援バナナ」に続くシリーズ第2弾で、1パック4個入り398円のうち5円が寄付されるという。お決まりのかぶりものをかぶった選手の写真もお披露目され、会見に出席した主将DF谷口彰悟(30)は「合成ではなく、選手全員がかぶって撮影しました。みんな違和感なく『バナナの次はアボカドね~』とサラッと撮影したので、さすがフロンターレだと思ったし、文化になっているんだと思いました」と笑った。

「かわさき応援バナナ」は1房198円あたり3円が寄付に充てられ、12年間で約1000万円(約333万房分)もの寄付金が集まったという。チームはこれを15年の等々力メインスタンドの改修工事費に充て、応援してくれる市民に還元した。今年5月には川崎市が等々力の球技専用スタジアム化計画を発表しており、アボカドの売り上げがこのプランを後押しすることになりそうだ。

選手を代表して、谷口は「球技専用スタジアムでプレーすることは楽しみだし、自分たちの力になる。競技場周辺も整備されて、市民のみなさんが過ごしやすい等々力を一緒につくっていけると思う」。川崎Fの藁科義弘社長は「バナナと一緒においしくアボカドを食べて、よりよいホームスタジアム建設、スタジアムづくりにご協力いただければうれしい」と話した。「かわさき応援アボカド」は、14日から市内の50店舗で販売が開始される。