労選手賞を、引退した中村俊輔氏、槙野智章氏、駒野友一氏、赤嶺真吾氏、鄭大世氏、大谷秀和氏、田中隼磨氏、藤本淳吾氏、橋本英郎氏、上里一将氏、水本裕貴氏、本山雅志氏、冨田晋伍氏が受賞した。

初代MVPのFWカズ(三浦知良)を思い起こさせる真っ赤なスーツで登場したのは槙野智章氏。元浦和レッズ所属でチームカラーを意識したのか、壇上でひときわ目立っていた。

槙野氏は「MVPだと思ってきたんですけど。勘違いしてました。Jリーグからパーティーだと聞いたのに…」と1人でボケを披露。続けて「無事先日、(指導者の)A級ライセンスが終わりました。Jリーグの舞台に監督として帰ってくる日まで、待ってください。次は優秀監督賞を取れるように頑張ります」と目標を掲げた。

また、横浜FCでコーチを務め、指導者生活をスタートさせた中村俊輔氏は「このような名誉ある賞を頂いて、うれしく思います。現役時代にタイトル、賞を頂きましたけど、それと同じぐらいうれしく、誇りに思います。(12月17日の引退試合に向け)コンディションあげて頑張ります」と話した。

MVPに神戸FW大迫勇也! ベストイレブンに神戸から最多タイ4人/Jアウォーズまとめ