川崎フロンターレは10日、FWレアンドロ・ダミアン(34)とジョアン・シミッチ(30)が今季限りでの退団を発表した。

19年に加入したダミアンは、21年に得点王とMVPに輝き、チームをリーグ王者に導いた。5シーズンで127試合53得点を記録した。

21年に名古屋グランパスから加入したシミッチは、豊富な運動量と左足のパスを武器に、3シーズンで77試合に出場した。

コメントは以下の通り

◆ダミアン

このクラブで過ごした5年間は、私にとって財産です。フロンターレファミリーの皆さんには本当に感謝しています。Jリーグで得点王とMVPを獲得できたこと、チームとしてもたくさんのタイトルを取ることができました。これは監督、スタッフ、チームメート、サポーター、クラブ関係者、フロンターレファミリーのみんなで手にした功績です。またスタジアムや練習グラウンドで、私のユニホームやフラッグをいつも掲げて応援してくれたサポーターの皆さん、あなたたちの想いはいつも届いていて、私の力となってくれました。これから先、いつまでもフロンターレは私の心の中にあります。

ありがとう、川崎フロンターレ。

◆シミッチ

この素晴らしいユニホームを3年間、着ることができました。この3年間、常に自分をサポートして支えてくれた選手、監督、スタッフ、クラブ関係者の皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。皆さんと一緒に仕事ができたことをうれしく思っています。また川崎フロンターレのすべてのファン、サポーターの方々にも感謝しています。皆さんの応援、声援があったからこそ、自分はピッチの中で戦えました。皆さんの温かいその想いが自分の心の中にいつもあります。これから先、どこに行っても自分の中に川崎フロンターレの皆さんがいます。本当にありがとうございました。