NECナイメヘンのMF佐野航大(20)がアウェーのフォレンダム戦で1-0の前半31分にリーグ戦初ゴールを挙げた。右足のグラウンダーのシュートをゴール左隅に流し込んだ。

2月27日のオランダ・カップ準決勝カンブール戦で加入後の公式戦初ゴールをマークしてから2戦連発。3-1の後半28分までプレーした。FW小川航基は後半22分から出場。チームは5-2で勝った。

20歳の佐野は昨年8月にJ2ファジアーノ岡山から加入。U-20(20歳以下)FIFAワールドカップ(W杯)アルゼンチン大会に日本代表として出場し、欧州クラブのスカウトの注目を集めた。

加入直後は出場機会に恵まれなかったものの、昨年末のオランダ・カップ2回戦で初めてフル出場を果たすと、その後はボランチとしてスタメンに定着。今季公式戦11ゴールのエースFW小川とともに、海外移籍1シーズン目から活躍している。