コンテンツエリア



メインコンテンツ

フィギュアスケートバナー

フィギュアスケート

村元哉中&高橋大輔

村元哉中

むらもと・かな

村元哉中

所属関大KFSC

生年月日1993年(平5)3月3日

身長161センチ

出身地兵庫県神戸市

主な戦績10、11年全日本選手権10位(シングル)、18年平昌五輪15位、18年4大陸選手権銅

コーチマリーナ・ズエワ

2019-20楽曲

2019-20振付師

自己ベスト

練習時間(週)

趣味音楽鑑賞、パズル

SNS、ブログなどTwitter: @kana_muramotoInstagram: k.a.n.a.m.u.r.a

プロフィル

5歳でスケートを始める。12歳から浜田美栄コーチに師事し、シングル選手としてジュニアGPシリーズなど早くから国際舞台で戦う。全日本選手権では初出場の09年が17位、10、11年と10位に入っている。

エッジワークにたけたスタイルからアイスダンスの転向を勧められ、14年に決断。15年4月に、2大会五輪に出場したクリス・リードに誘われ、新カップルを結成した。17年の全日本選手権まで3連覇を達成するなど、日本の1番手としての地位を確立。18年1月の4大陸選手権では国際連盟の主催大会のアイスダンスでは日本勢初となるメダル、銅メダルを獲得した。

平昌五輪で日本勢過去最高成績となる15位。その後は18年8月にクリスとのカップルを解消したが、現役続行を望んだ。19年9月には高橋大輔が新パートナーとなることを発表し、2度目の五輪となる22年北京五輪を目指して、米フロリダで練習に励む。

高橋大輔

たかはし・だいすけ

高橋大輔

所属関大KFSC

生年月日1986年(昭61)3月16日

身長165センチ

出身地岡山県倉敷市

主な戦績06年トリノ五輪8位、10年バンクーバー五輪銅、14年ソチ五輪6位、02年世界ジュニア優勝、10年世界選手権優勝、12年GPファイナル優勝(すべてシングル)

コーチマリーナ・ズエワ

2019-20楽曲

2019-20振付師

自己ベスト

練習時間(週)

趣味読書、ショッピング

SNS、ブログなどInstagram: d1sk_t

プロフィル

シングル選手として日本男子の新たな地平を開拓し続けた、希代の「踊れる男子スケーター」。02年世界ジュニアでの日本人初優勝に始まり、世界選手権、GPファイナルと「初」の栄冠を続ける。10年バンクーバー大会では日本及びアジアでも初となる男子シングルでのメダルを獲得する金字塔を打ち立てた。

14年ソチ五輪で6位入賞後、同年10月に現役引退を発表。15年には語学、ダンス留学のため米ニューヨークに住み、日本に戻ってからはアイスショーだけでなく、ダンスショーや舞台の出演など幅広く活躍した。

18年7月に現役復帰を発表。同年12月の全日本選手権では2位に入り、世界選手権出場が有力となるが、これを後進の経験の必要性を訴えて辞退した。

19年9月、同年の全日本選手権をシングルスケーター最後の大会とし、村元哉中と組んでアイスダンスに転向することを発表した。

現役最後の大会では12位。その場でファンに感謝の言葉と決意を述べた。「次に頑張れることを見つけられたのが一番」とすがすがしい表情で語り、「全日本に戻ってこないとヤバイですよね。もうシングルのことは考えなくていい。哉中ちゃんにしごいてもらいたいと思います」と新たな挑戦に向かった。

関連ニュース




スポーツ

錦織、2回戦の74位トラバリア戦は30日第3試合
錦織、2回戦の74位トラバリア戦は30日第3試合 [記事へ]





右カラム