日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 芸能
  2. ニュース

芸能のRSS

赤西GTO主役降板 ジャニーズが厳罰

 赤西仁(27)が主演に内定していた7月スタートのフジテレビ系連続ドラマを降板していたことが14日、分かった。関係者によると、所属のジャニーズ事務所が制作の関西テレビに対し、赤西の降板を申し入れたという。同事務所は赤西が黒木メイサ(23)との結婚を事後報告したペナルティーとして、全国アリーナツアーを全面中止させたが、さらに重い処分を下した形になった。

 赤西が降板するのは、7月スタートのフジテレビ系火曜午後10時枠の連続ドラマ。反町隆史主演で大ヒットした98年「GTO」のリメーク版で、赤西が主演に内定したのは2月2日の電撃結婚前だった。

 関係者によると、ジャニーズ事務所から制作の関西テレビに対し、赤西の主演降板の申し入れがあったのは先月上旬で、両者が話し合いを重ねた結果、同月末までに降板が決定した。関西テレビは、日刊スポーツの取材に「お話できることはありません」と否定も肯定もしなかった。一方で、事情を知る同局関係者は「赤西さんは有力候補の1人として話が進んでいたと聞いていますが、今の時点で(赤西主演が)消えたのは確かです」と話した。

 ジャニーズ事務所は、赤西が黒木との結婚を事後報告し、関係各所に迷惑を掛けたことを重くみている。ペナルティーとして、今月上旬から開始予定だった全国アリーナツアーを全面的に中止させた。会場のキャンセル代など中止にかかる費用が発生した場合、全額を負担させることも決めている。それに続く厳罰が、今回の降板だ。

 「GTO」のリメーク版は、赤西にとって07年10月期放送の日本テレビ系「有閑倶楽部」以来約5年ぶり連続ドラマ主演になるはずだった。番組制作は、正式には発表はされていないが、生徒役のオーディションも始まるなど、準備は着々と進んでいる。今月から始まった同枠の連ドラは、SMAP草なぎ剛が主演するなどの人気枠で、俳優赤西が飛躍する好機だったが、ジャニーズ事務所はそれを取り上げ、所属する他のタレントに示しをつけた形だ。

 先月末に全国ツアーの全面中止が明らかになった際は、事務所関係者は「現時点では、何も決まっていない」と話していたが、同ドラマの主演もキャンセルとなり、現時点で赤西のスケジュールは完全に白紙になった。「やりたいことをやろうとするたびにいなくなって、(メンバーに)迷惑をかけるのが嫌だった」としてKAT-TUNを脱退するなど、独自の路線を貫いてきた27歳は、結婚の事後報告というルール違反で今、大きな代償を払っている。

 ◆GTO 1997年(平9)から週刊少年マガジンで連載された藤沢とおる作の人気漫画。98年にテレビドラマ化され、反町隆史が演じる元暴走族の高校教師鬼塚英吉が、型破りで体当たりの指導法と度胸で、生徒たちと学校にまん延するいじめや非行などの問題を解決し、生徒たちを更生していくストーリー。ヒロインの国語教師、冬月あずさは、反町の現在の妻、松嶋菜々子が演じた。

※草なぎのなぎは弓ヘンに前の旧字の下に刀

 [2012年4月15日7時4分 紙面から]







日刊スポーツ購読申し込み