日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 実業団女子駅伝
  5. ニューイヤー駅伝
  6. 高校駅伝
  1. 箱根駅伝
  2. 往路速報
  3. 復路速報
  4. 成績
  5. 出場校
  6. ニュース
  7. 歴代V
  8. コース
  9. 選手一覧

前田が日本勢最高の4位/マラソン

ゴール前でクワンバイとデッドヒートをする前田(左)(撮影・柴田隆二)
ゴール前でクワンバイとデッドヒートをする前田(左)(撮影・柴田隆二)

<東京マラソン>◇24日◇東京都庁前-東京ビッグサイト(42・195キロ)

 前田和浩(31=九電工)が日本人トップの4位に入り、今年8月の世界陸上モスクワ大会日本代表に大きく前進した。

 日本陸連が定めた派遣設定記録(2時間7分59秒以内)には、惜しくも1秒届かず。それでも、国内選考会3レースではトップのタイムとなった。

 昨年のこの大会でマークした自己ベストも38秒更新し、日本歴代では13位のタイム。「7分台を出せなかったのは残念ですが、自己ベストを出せた。(選考会の)福岡や別府大分のタイムにも勝てた」と充実の笑みを浮かべた。4年前の初マラソンもこの東京マラソンで、その時も日本人トップの2位に入り、世界陸上ベルリン大会代表の座を射止めた。「このコースは自分に合っている。最初は下って、我慢しどころも分かっている」と相性の良さも勝因の1つに挙げた。選出有力な世界陸上に向けては「この4年で経験を踏めた。出場できれば上位で走りたい」と話した。

 [2013年2月24日18時49分]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞