日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 実業団女子駅伝
  5. ニューイヤー駅伝
  6. 高校駅伝
  1. 箱根駅伝
  2. 往路速報
  3. 復路速報
  4. 成績
  5. 出場校
  6. ニュース
  7. 歴代V
  8. コース
  9. 選手一覧

駒大独走4連覇 1区村山から首位譲らず

大会4連覇を達成しゴールする駒大・馬場翔大(撮影・前岡正明)
大会4連覇を達成しゴールする駒大・馬場翔大(撮影・前岡正明)

<陸上:全日本大学駅伝>◇2日◇愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮(8区間106・8キロ)

 大学駅伝日本一を決める全日本大学駅伝は26チーム(うちオープン参加1)が出場して行われ、駒大が5時間14分36秒で4年連続優勝を飾った。単独最多12度目の優勝となった。

 現役最強ランナーの村山謙太(4年)が1区を制し、それから1度も首位を譲らず独走し、最後は8区の馬場翔大(3年)が歓喜のゴールテープを切った。

 有力選手が1区(14・6キロ)に集まり、最後まで激しいレースを展開した。村山謙太は双子の弟、城西大・村山紘太(4年)と争い、タイム差なしの42分58秒で制した。村山謙太は渡辺康幸(現早大監督)以来の「在学フル出場&V」の快挙となった。

 駒大は以降も2区中谷圭佑(2年)3区西沢佳洋(4年)4区中村匠吾(4年)5区工藤有生(1年)6区西山雄介(2年)7区黒川翔矢(4年)8区のアンカー馬場まで堅実な走りを続けた。

 駒大・大八木弘明監督は「選手たちがミスなく、よく走ってくれたから優勝できた」とたたえた。

 村山謙太は「弟もいましたけど、周りを気にせず自分の走りをしようと思った。区間賞は最低限のこと。後ろに差をつけたかった」と振り返った。

 上位の順位は2位明大、3位青学大、4位東洋大、5位山梨学院大、6位東海大、7位早大、8位大東文化大、9位順大、10位神奈川大。

 [2014年11月2日14時17分]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞